経済・政治・国際

動画 「本当の尖閣」 その狙いは?

今朝からTV各局が報道してる、尖閣動画の事件。

一番最初にyutubeに投稿したのは sengoku38 という人物らしい。
すでに当人のアカウントも、彼が投稿した動画も削除されている。

今現在youtubeで見られるのは、そのコピーである。

そのコピーのひとつ「本当の尖閣 海上保安庁1
の投稿者コメントに以下のようにある。

この映像は11月5日午前0時前後、sengoku38という人が投稿したものである

­。
同日早朝まで二回目の衝突を起こした「本当の尖閣 海上保安庁5」には、約6,000超えのコメント、103,000を超える視聴があっ­たが、同日7時30分ごろ、アカウントと共に動画は削除された。
ちょうど、コメントの話題が「反中」から「人権擁護法案」に移行し、それが激化してい­る最中の削除であった。

この事件の一部始終映像は、計 約2時間あるそうだが、今回の映像は44分。石原都知事のモリ発言も考えると、残りの­1時間弱、何があったのだろうか。

sengoku38氏とはどういう人物なのか。
どういった目的で投稿したのか。

動画のマスターは海上保安庁にしか存在しない、ということなので、
海保内部の人物が手引きした可能性が高い。

海保が命がけで逮捕した違法中国漁船を、
検察がいとも簡単に釈放してしまった。
「我々の現場の努力を一体何どう思っているのだ?」という憤りは強いだろう。
この気持ちを表明する海保の現場隊員の抗議かもしれない。

また、今回の流出を受けて日中間の関係は混迷の度を増すだろう。
ここで喜ぶのは誰か?
韓国やロシアだろう。彼らが後ろで手を引いている可能性もある。

米国にだって動機はある。
国際社会で存在感を増す中国に対して、あれこれ圧力をかける口実になる。
それに日中が仲良くなると米国の存在感が低下する。

どれも想像の域を出ないが、疑いだすとキリがない。

誰かが
「オラがやりました。てへ」
って犯行声明を出してくれるとスッキリするんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【流出】 尖閣衝突ビデオ 「本当の尖閣 海上保安庁」

Yahooニュース
尖閣ビデオ流出か ユーチューブに投稿 「恐らく本物」と海保関係者」によると

沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件の状況を撮影したビデオとみられる映像がインターネット上に配信されていることが5日、分かった。海上保安庁幹部は「本物の映像だと思う」と話しており、同庁が確認を急いでいる。

ということだ。

尖閣諸島での海上保安庁と中国漁船の衝突事件の動画は、
いつかは流出するんじゃないか、と思ってたが、ついにそうなった。

これだけ世間から公開要求の高い動画を
国会内の秘密会だけの上映で済まそうなどと考えるのが
そもそもおかしい。
民主党の秘密主義の象徴だ。

動画は6本あり、合計で44分余。

本当の尖閣 海上保安庁1
本当の尖閣 海上保安庁2
本当の尖閣 海上保安庁3
本当の尖閣 海上保安庁4
本当の尖閣 海上保安庁5
本当の尖閣 海上保安庁6

youtube以外にも、ニコニコ動画などに転載されているようだ。

まったく酷い国だな、中国は。

さて、これから中国がどう出てくるか、見ものである。
どんな出任せの言い訳をするのか興味津々だ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

転職は悪か?

先日、某ソフトウェア会社の経営者と話をする機会があった。
その社長さん曰く
「転職しても損するだけだ」
「40年勤め上げれば、大企業じゃなくても退職金が1000万以上ある」

もうずーっと転職の話。
転職すると損だ、損だ、損だ、の繰り返し。
ちょっとウンザリであった。

そりゃーねー、退職金だけ見れば、転職せずに一社を勤め上げるのがいいでしょう。でも人の一生、退職金の為に生きている訳ではない。

一つの仕事に飽きちゃう人だっている。
いろんな業界を経験したい人もいる。
いろんな人と知り合いたい人もいる。

いろんな人がいるのだ。

それに、労働者がいろんな業界を渡り歩いた方が、社会に活気が出るのではないか? 社会全体として見ると、国の経済や活力に好影響を与えるのではないか、と思う。人が一つの会社に縛られてしまうと、淀んでしまうような気がする。

まー、とにかくだ。
若い人にはどんどん転職してほしい、と私は思う。
いろんな現場を見て、自分の懐を深めてほしい。
退職金は減るかもしれない。しかしいろんな現場を見ることで、人の懐は確実に深くなる。この世の中の仕組みを深く理解できるようになる。有意義な人生をおくれると思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)